国内業者の魅力をわかりやすくご説明

国内業者の歴史は2009年からになります。
イギリスでバイナリーオプションは開発されたのが2003年なので、約7年かかって日本に上陸したわけです。

国内に上陸したのは2009年ですが、実際に爆発的な人気になったのは2012年。
この時期から現在に至ってバイナリーオプション人気が続いています。

2012年に人気がピークに達し、あまりの白熱振りから目を着けられてしまいます。
そして2013年の8月には国内業者の自主規制。
二者択一ルールは廃止され、取引時間も30秒という短期決済から最低2時間の決済時間を義務付けられました。

しかし国内業者を選ぶ人がいるのは何故なのか。
これは一言で言えば決定的な「安心感」です。
実際にお金をやり取りするのであれば、国内の方が安心する気持ちは皆さんも理解できると思います。

わかりやすいのが海外オークションや海外通販ではないでしょうか。
国内に比べて値段も安く、品数も豊富。
あとは国内では手に入らない希少性など海外には様々なメリットがあります。

しかし、実際にお金のやり取りをするのであれば、このメリットを削ってでも安心感を買う人の方が多いはずです。
バイナリーオプションの業者も全く一緒の現象が起きていると言って良いと思います。

いざ海外でのやり取りに慣れると不便さは感じませんが、そのきっかけが無いのは事実だと思います。

必須のテクニカル分析海外業者の魅力